スマートフォン互換パネルのトップメーカー

LTPSインセルとa-Si TFT-LCDの違いは?


スマートフォンの交換用画面部品は、TFT技術の種類とLCD液晶の配置によって分類することができます。LCDとAMOLEDはTFTガラスを含むという点で似ており、TFTの種類によって長所と短所があります。

LCDスクリーンを語るとき、TFTタイプと液晶配列の両方を見なければなりません。

TFT技術の分類:
1 高温ポリシリコンHTPS;
2 低温ポリシリコンLTPS;
3 アモルファスシリコン(a-Si);
4 IGZO;

■TFTタイプの長所と短所:

HTPSは1インチまでしか作れず、携帯電話のディスプレイとしては使えないので、スマートフォンパーツでは使われません。

LTPSは小さいサイズしか作れない。LTPSはスマートフォンの画面パーツのような小さいサイズしか作れないが、一旦大きくすると電気効率が極端に悪くなりテレビなどに使用するには向いておらず、スマートフォンに使用する技術としては1番性能がいいものになります。

a-Si、電子移動速度が低いため性能はLTPSに比べ落ちますが、どんなサイズのスクリーンにも使えるのでスマートフォンやテレビなどの薄型液晶に用いられます。

IGZOの性能はLTPSより1グレード低く、アモルファスシリコンa-Siより1グレード高いが、LTPSの市場ギャップを埋めるのに適しています。しかし其の中で主に使用されているのはシャープ製品となります。

TFT技術を携帯電話の画面に応用する場合、LTPS>IGZO>a-Siとなる。同じTFTタイプを使用する前提では、IPS>TNとなるが、VA液晶モードでは水紋が押し出されるため、タッチスクリーン携帯電話には適さない。

液晶配列の分類
1 TN(TN-TFT-LCD);
2 ips(ips-TFT-LCD);
3 VA(VA-TFT-LCD);

携帯電話LCDスクリーンアセンブリの理論的な品質ランキングは以下の通りである:
1番目
IPS-LTPS-LCD
2番目
TN-LTPS-LCDとIPS-(a-Si)-LCD
3番目
TN-(a-Si)-LCD

TFTタイプでは、IGZOの携帯電話画面はシャープのみで、IGZOはランキングに参加していない。サムスンのAMOLEDシリーズはLCD液晶ディスプレイの範囲に属さず、ランキングにも参加していない。


发表回复

您的电子邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注